返済だって忘れてはいけない

MENU

返済だって忘れてはいけない

ローン利用の時には必ず返済まで計画しておきましょう。即日融資をしたい時、急いでいる時には借りることだけに気持ちが集中してしまいます。しかしローンはやはり返済をきちんと遅れることなく続けて、完済してしまうまでを計画する必要があります。

 

返済回数や、完済時期、毎月の返済額などをきちんと考えておかないと、返済遅れになってしまいます。返済に遅れるとただ聞いただけではそれほど大事とは思いませんね。しかし、返済遅れはお金の計画や全てのローンに大きな影響を及ぼします。

 

返済に遅れることで、その記録が残ります。返済遅れの記録は、金融機関だけでなく個人信用情報機関に残されることがあります。1度だけ遅れても、個人信用情報機関には記録が残らないといった情報を見かけることがあるかもしれません。しかし、金融機関が情報機関に記録を残すかどうかを決めるため、何回までなら記録が残らないということは誰にも分からないのです。やはり遅れることがないようにきちんと返済するべきでしょう。

 

また、どうしても返済が難しい時には先に連絡を自分から入れるようにします。返済できないと言っただけでは連絡に何の意味もありませんから、いつまでなら返済できるのかという予定をきちんと借り入れ先に説明しましょう。電話をかけるのは勇気がいるかもしれません。しかしきちんと連絡を入れることで、借り入れ先は返済する意志があるということを確認できます。通常はそれ以上支払いをするように連絡を入れることはまずありません。もちろん予定した日を過ぎてしまっては、また連絡が入ることになります。

 

ローンによっては、どうしても約定返済額全額を払えない時に利息だけを返済することで延滞の記録が残らないものもあります。もちろんこの場合は、返済計画が違ってきますので、シミュレーションをやり直しましょう。追加借り入れをした時も同様に返済計画を見直します。返済をより早く済ませるためには、随時返済も取り入れていきたいですね。返済方法が豊富なローンを選んでおくと随時返済もしやすいことが多いです。