限度額に気を付けたいのはなぜ?

MENU

限度額に気を付けたいのはなぜ?

すぐに借りたい時にも限度額の設定に気を付けましょう。ローンを申し込む際、「とにかく必要な額さえ借りられればそれでいい。」と思ってしまいます。しかし、即日融資に最適なカードローン商品では、限度額いっぱいまで借りる方法を利用できるだけではありません。大きめの限度額を設定し、その範囲で何度でも繰り返し利用するという方法も選べます。

 

大きめの限度額を設定することのメリットは、まとまったお金を必要とする時にも安心感があるだけではありません。通常カードローンでは、限度額に応じた金利設定となっています。限度額が大きくなると、金利が低くなるという関係性です。

 

これは、信用度によるもので、限度額が大きいということは返済能力が高いと判断されているわけです。必ず返済すると考えられた申し込み者は、金利の設定も低くなります。もちろん、設定した限度額いっぱいまで借りないといけないということはありません。200万円の限度額設定をすれば、1万円借りても100万円借りてもその200万円が限度額の場合の金利で利用できるのです。

 

ローンを探す時には、とにかく低金利ローンを探すものですが、このように金利の設定に気を付けて、限度額の大きなものを選ぶことで低金利に利用できることもあります。気になる点は、金利に幅があった場合審査によってどの金利となるか決まるという点です。申し込み前には実際に適用される金利が分かりません。また、金利を知りたいからといってたくさんのローンに申し込みをすることもおすすめしません。申し込みの記録は個人信用情報に残るので、次に申し込むローンに不利な情報となる可能性があります。

 

限度額を大きく設定する方法は確かにメリットもあるのですが、気になる点は使い過ぎてしまわないかということです。実際に必要な額よりも大きな限度額を設定することで、ついつい借り過ぎてしまうこともあります。借り過ぎを防ぐには、自分で利用前に返済シミュレーションをしておくことです。返済の計画を見直すことで、「ここまで借りると返せなくなってしまうから止めておこう。」といったようにストップをかけることができます。