消費者金融即日融資ガイド

MENU

消費者金融の即日融資について

消費者金融で言うところの即日融資、これは、申し込みをしたその日のうちに借り入れまでを行うということです。
もちろんすべての場合において約束されているのではなく、即日融資のためにはいくつもの条件があります。

 

  • 即日融資も可能であること
  • 審査対応時間内であること
  • 借り入れ可能な方法があること

 

非常に簡単なことではありますが、今日申し込みをして今日借り入れをしたいというのであれば、時間と方法には必ず注意を払わなくてはなりません。

 

プロミス

最短1時間
平日14時までにWEB契約完了で当日振り込み

 

アコム


平日14時までに必要書類をFAXで送信すると当日振り込み

 

モビット

モビット
平日正午頃までにWEB契約完了で当日振り込み

 

即日融資も可能であること

どこの消費者金融でも即日融資ができるというものではありません。即日融資も可能、即日審査が可能、この二つの言葉をよく見かけますが全く違った意味を持っています。

 

即日審査が可能ということは文字通りです。申し込みをした日に審査が行われるということであり、言ってみれば当然のこととも言えるでしょう。

 

即日融資を希望している方は非常に多いものです。即日という言葉だけに注目をしてしまえばそれが融資なのか、審査なのかを見落としてしまうこともあり得ます。

 

基本はインターネット申し込みからのスタートです。インターネット申し込みのメリットは審査時間が短いこと、無駄な時間を使わないことにあります。

 

審査時間は最短30分となっていますが、自宅に居ながらにして審査に申し込みができます。それが電車の中であっても、同じことです。

 

インターネットにつながる環境があればどこからでもいつでも申し込みをすることができます。審査結果がわかっていればその後の対応方法もわかるでしょう。

 

即日融資が可能となっている消費者金融を探しましょう!

 

審査対応時間内であること

即日融資の対応があっても、これから申し込みをするときに審査対応時間が終わっているのであればどうすることもできません。

 

多くの消費者金融では、審査は年中無休で9時から21時までとなっています。その時間内に申し込みをするというのではなく、その時間内に審査結果の連絡ができるということです。

 

つまり、審査が始まっても審査の終了が21時01分にでもなれば、結果連絡は翌営業日に繰り越されることとなります。

 

審査時間はおおむね30分ほどです。しかし状況によっては審査時間が長くかかることも充分に考えられます。1時間はかかるものと考えて申込時間を調整しましょう。

 

即日融資を希望するのであれば、より早い時間に申し込みを行っていることが安心につながります。

 

審査には自動審査と本審査があるという消費者金融が増えてきました。例えばプロミスやモビットもそうです。

 

自動審査の結果は申し込み完了後すぐに画面に表示されますが、それが本審査の結果と違うことはあります。

 

自動審査とは客観的に見た簡易審査の結果です。コンピューターの自動審査が行われています。

 

本審査が完了するまでには最短30分の時間がかかります。申込書の内容から返済能力を審査し、個人信用情報機関に照会をして、在籍確認も完了させています。これほどの手続きを最短30分で行うということの方が驚きです。

 

しかし、この時間から考えても、在籍確認が行われるであろう時間帯が見えてきます。申し込み時の不安として在籍確認はあるでしょう。

 

申し込みが完了してから30分以内には在籍確認のために消費者金融から勤務先に電話がかかってくるということです。

 

即日融資を希望する時、この在籍確認が完了しなければ審査が終わらないのではないかという不安がるかもしれません。

 

プロミスとモビットでは、電話での在籍確認だけではなく必要書類で在籍を確認する方法も用意されています。必要書類とは会社名と契約者名が入った給与明細書です。

 

しかしアコムでは、契約完了後であっても在籍確認は必ず行われることとなっています。

 

借入可能な方法があること

契約後の初めての借り入れには大きく分けて二つの方法があります。振込キャッシングと、ATMからの借り入れです。

 

振込キャッシング

銀行営業時間に準ずることになります。平日の9時から15時までが銀行営業時間になりますが、振込キャッシングの手続きの時間があるため、制限時間があります。

 

プロミス 平日14時50分まで(三井住友銀行かジャパンネット銀行口座なら24時間対応)
モビット 平日14時50分まで
アコム 平日14時30分まで(楽天銀行口座なら24時間対応)

 

ただし、アコムは初めての借り入れの時には振込実施時間を延長しています。三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行を振込キャッシングの口座にすると、平日の18時までの受付で振込実施時間を当日19時まで対応しています。

 

振込キャッシングには決められた時間があります。その時間内に申し込みをすればいいのではなく、振込キャッシングの対応時間までにすべての手続きを完了させたうえで、振込キャッシングの依頼も完了させておかなくてはなりません。

 

24時間対応の銀行口座があるときには、振込キャッシングは便利になります。

 

ATMからのキャッシング

消費者金融はカードローンです。そのためモビットのWEB完結(カードレスキャッシング)以外は、カードを使って借入をする、返済をするということが基本の使い方となっています。

 

そのため、カードを使った借り入れや返済の方法は非常に充実しています。

 

  • 消費者金融の専用ATM
  • 提携ATM

 

これらのATMを利用することができます。

 

消費者金融の専用ATMは利用時間に制限があります。自動契約機で契約をすれば併設されているATMからの借り入れがでいます。

 

提携コンビニATMであればコンビニという特性上24時間利用ができます。カードさえあればすぐにでも借り入れができるようになります。

 

消費者金融は安全なキャッシング

危険なキャッシングというイメージがあるかもしれません。現在の消費者金融は貸金業法によって安全に利用ができるだけの土台が作られています。

 

ところが、使い方ひとつで消費者金融で多重債務に陥る可能性は十分にあります。総量規制が2010年に施行され、確かに多重債務者の数は激減しました。年収の3分の1という貸金業者からの借り入れ制限は有効な手段です。

 

しかし、年収300万円であれば100万円まで借り入れができるという解釈もできます。月収に換算すると25万円です。

 

25万円で100万円の債務があるということは非常に大きな借金であることもわかるでしょう。本人の使い方次第です。

 

即日融資も重要なことでしょう。それでも借り入れだけではなく返済の計画もしっかりと立てることでキャッシングは安全なものになるはずです。